::.:..:..:...
.:.. LIFE :..:...:.small daily changes..:..masayuki oofuji blog site..:.
個展をする
それ以外の事は、
まだ何も決まっていないのだが、
とにかく今年の年末に個展をすると。


作品数含め、
どれくらいのサイズの個展になるか、
まだ何も決まっていないけれど、

新しい描き方で、
年末に個展をする。
という事だけは決まった。

11月かな。




Twitter

JUGEMテーマ:アート・デザイン



画家業:artist activities comments(0) trackbacks(0)
展示の記帳ノートとSkype
 
冷える。

そして今日も物書きしに、
西荻の喫茶店「それいゆ」に籠っているわけだが、
例の如く、読書が捗っている。


日常的に、
よく誘われた展示を見に行った際、記帳をする。
もちろん自分の展示の時も記帳をしてもらうのだが、
以前から問題を感じていた。

何の問題かと言うと、
記帳してもらった手書きの住所氏名を
次回の展示に備えてデータ化する作業の面倒さだ。

自分で展示をする時のもうひとつの問題点は、
例えば展示期間が3週間とか1ヶ月あるとして、
その間に自分自身がなかなか展示会場に居続けられないという事だ。


それは他の仕事や打ち合わせがあったり、
あとは人の流れが切れた時に事務所や自宅アトリエに戻ってしまったり。
つまり、同じ場所でじっとしているのが苦手なのだ。

さっき、
友人とSkypeをしていてふと思ったんだが、
展示会場にSkypeをONにしたままのMacbookを1台置いておけば良いのだ。

必ず自分の展示で毎回、
何人かすれ違いで会えない人がいるんだけど、
こうしておけばモニター越しに話せるし、
そして、記帳も直接Skypeのチャットフォームに入力してもらえば、
記帳ノートのデータお越しの手間も省ける。

う〜ん、これは楽だ。
次回の個展から記帳ノートは無しにして、
展示用のMacbookを一台置いておこう。

昼か、
そろそろ移動しなくては。




Twitter

JUGEMテーマ:アート・デザイン
画家業:artist activities comments(0) trackbacks(0)
赤ちゃん
風がいささか強いな、
雲も流れているし、
天気が変わるのかな。

たまたまというか初めて、
「赤ちゃん」の絵の依頼があった。
しかも2件。

ラフを描いているのだが、
これは難しい。

学生時代以来、
スケッチ以外は描いていないが、
裸婦より難しい。

面が取り難いし、
面が滑らかすぎて、特に自分の技法だと、
ちょっと頭をひねらないと難しい。
絵の具の諧調作りももかなり繊細な調色になる。

という事で、
通常の倍の制作納期をいただいた。
どう料理しようか。

先日のウォーキング中、
西荻と久我山の間付近。


ところで先日購入したクロメダカだが、

ペットショップで「5匹くれ」というと、
店員さんが「恐らく何匹かすぐに死んでしまうと思いますから、
5匹飼われるなら10匹セットをオススメします」と言われたので、
10匹買ったのだが、1匹も死なず、メチャクチャ元気だ。
全部このまま成長したら水槽変えなければ。。。

エリザベスカラーを付ける事になったモイは、
いささかおとなしい。

でもずっと付けているとストレスも溜まるだろうから、
たまに外してあげて、その時は包帯。


手がかかるのだ。








画家業:artist activities comments(0) trackbacks(0)
白夜
今日は、
久しぶりに映像編集の仕事でまた渋谷へ。

相変わらず、
リポビタンDの路上キャンペーンは臭い。

最近は、
パンツやワイシャツのオーダーに凝っていて、
今日は少し細くしてもらったパンツとワイシャツが
上がって来た。

何度かの修正の後、
ようやく型紙が完成したので、
これからはそこに気に入った生地を持ち込めば、
いくらでもパンツやワイシャツが出来る、幸せだ。

白夜
今月はホントによくこの絵を描いた。
明日、額装を付けてもらい、客の家に配送してもらえば
終了だ。


これで3枚目。
月内にもう1枚描かねばならない。
なぜ、夏場にこの作品のオーダーが多いのか。

それにしても、
同じ絵を月に4枚も描くのは飽きる。

その点、
ミュージシャンのツアーは凄い。
先日のEverlyにしてもそうだが、
東京やその他都道府県で、物凄い数のLIVEをこなしている。

セットリストは、
曲順こそ違え、何度も何度も同じ曲を演奏するわけだから、
大変そうだ。

大変なのだろうか、
それとも気持ちいいのだろうか。


今月も残す所、あと7日。
デザインの仕事、打ち合わせ、あと絵を2枚納品。
最低限やる事に加え、やりたい事もある。
iPhoneアプリの開発も始まる。

頭の切り替えが重要だ。











JUGEMテーマ:アート・デザイン
画家業:artist activities comments(0) trackbacks(0)
絵の作業途中
昨晩は、
明け方就寝になってしまったものの早く目が覚めた。
今日の東京は少し涼しい。

で、
朝晩日課のストレッチをして絵の作業。

ウォーキングとストレッチを日課にしているが、
やはり35歳にもなると柔軟性の戻りには少し時間がかかる。

小学生の頃、
6年ほどそんなに本気な所ではななかったけれど、
器械体操をしていた事もあって、二十歳過ぎくらいまでは、
前屈で床にヒジがついた。

しかし、
そこに辿り着くにはまだまだ時間がかかる。

体重は簡単に二十歳の頃の体重に戻せたのだが、
やはり筋とか筋肉はやり直さないと戻らないんだな。
体の側面は特に。

体のフルレストアには時間がかかるな。

と、
つらつらと書いている内に絵の背景のノリが乾いて来たので、
また作業をしよう、今週納品だ。








画家業:artist activities comments(0) trackbacks(0)
感謝感激
4月4日(日曜日)よりスタートした
銀座ヘルディンヘルト(中央区銀座7-5-4/銀座並木通りルイヴィトン向かい)での
個展のオープニングパーティーを今夜、開いていただいた。

Exhibition
at jewelry shop「Heldin Held」
2010.April 4(sun)〜April 11(sun)

7-5-4 Ginza Choku Tokyo
OPEN 11:00〜CLOSE 20:00 
(sat&sunday 〜CLOSE 19:00)

next exhibition
2010.May 28〜
at the  same store.

忙しい中、
駆けつけてくれた友人知人、仕事関係の方々、
株式会社ホッタ&ヘルディンヘルト店舗スタッフの方々。

そして多忙極める中、
今回のオープニングの為に演奏をしに来てくれた
クラッシックユニット「Everly」のメンバー、レーベルプロデューサー。
※4月9日、初のメジャーデビューアルバム「CLASSY GIFT」発売。
(株式会社USEN U's music ¥3,000)

全ての方々に感謝、
感動の夜でした。

店舗スタッフ&Everlyの面々と。
良いCDなので是非、アルバム売れて欲しい。

今回の作品は全て「春の花」





「Everly」と。
ちなみにジャケット&PV等をデザインさせていただきました。

尚、
5月28日より銀座並木通りで開催されるイベントに
スポット参加という形で同店で再び個展を開催する事になりました。
そして次回は夏、秋、冬に。


※展示にお越しいただいた際、お会いできなかった方々へ。
店舗スタッフから「ネット等で展示の案内を見た」という事で、
お越しいただいたのに、私が不在で残念ながらお会いできなかった方々が
数名いらっしゃったとの事でした。大変失礼いたしました。

お超しになられる際は、下記のメールアドレスにご一報いただくか、
名刺などを店内スタッフにお渡しいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。


info@opus-graphica.jp







JUGEMテーマ:アート・デザイン

画家業:artist activities comments(0) trackbacks(0)
4/4_個展_銀座


もう6年前、
まだ6年前なのか。

未だ独身の自分とは正反対に、
ウチの弟はだいぶ早い時期に結婚をした。

その結婚式が6年前に、
グアムで行われた。

ところが、
帰国の翌々日に自分の個展のスタート日が控えていた。

26歳の終わり頃、
勢いに任せ、何の保証もまとわず、
デザイナーとして独立をした。

約2年が過ぎ、
リハビリ程度に個展でもするかと、
世田谷のとあるカフェのオーナと話、
その店内の奥にあるギャラリーで
個展をする事になった。

しかし、仕事の忙しさに加えて、
描くべき作品を考え続けた挙げ句、
結婚式に行っていては作業が、
まったく間に合わないという状況に陥った。

結婚式は欠席できない、
でも絵も描かなければならない。

そして、
すべての画材とMACのノートと共に、
グアムに飛んだのだ。出入国はもちろん、
荷物検査で凄く時間がかかった。

6日程度の滞在中、
部屋に大きな机を2台入れてもらい、
太平洋が眺められる海沿いの高層ホテルで、
延々と絵を描き続けた。

早朝に起床し、
海に飛び込み、シャワーを浴び、
レストランで朝食を食べ、
絵を描く。

後にも先にも、
あれほど最高の作業環境は無かった。
この先、あれ以上の作業環境があるだろうか。

いつも決まった時間に来る
ベットメイクの黒人の太った女性は、
「絵描きさん、作品は如何ですか」と話しかけてくれて、
部屋にこもって絵を描いているお客さんがいると、
何人かのベットメイク係の人やスタッフが部屋に来て、
よく談笑した。

そして、
ポストカードとその場で折り紙の鶴を折って渡すと、
毎日部屋に来るようになった。

何とか描き上げ、
帰国後に20点の作品で行った、
無名のカフェでの個展は、
会期中、偶然に訪れた芸能人、
女優1名、大物クリエイターとの出会いで、
次の個展をいきなり六本木ヒルズで行う事になった。

あれから6年、
その時に描いた絵はいまだに注文が来る。

グアムの記憶は、
弟の結婚式と絵を描いていた記憶、
窓から見える太平洋、それくらいしか覚えていないが、
とにかく怖いもの知らずというか、我武者らだった。

あの時の展示以来、
注文以外の絵をほとんど描いていない気がする。

学生時代も含め、
スペースや印刷物にお金を払って行った展示も、
あの時だけだった。

今年は1回くらい、
というよりも年に1回くらいは、
頼まれたものでは無い個展をしてみようか。
厳密に言えば、オーダーでは無い自由に描いた作品を
もう6年も描いていないのだ。

今、
自分はどんな絵を描きたいのかなと思いながら、
作品を描いては完成させて来たのだから、変な感じだ。


 
画家業:artist activities comments(0) trackbacks(0)
上海
久しぶりの
大先輩である空間デザイナーからの連絡は、
上海に6月にオープンする80坪のかなり広いショップの店内に、
複数の作品を常設展示という形で、描いて欲しいというオファーだった。

しかも、
春夏秋冬と作品を入れ替えるので4セット描くと。
加えて店内映像のディレクションも行う事になった。

海外に作品を出した事はあるが、
常設は初めてなので、少し気合いが入るが、
いつも通りにやるまでだ。

数年前、
ド派手に名前を轟かせていた、
とある空間デザイナーは今、
カタールで仕事をしているという話を
打ち合わせ中に聞いた。

やはり、
創作活動と景気は直結、
比例するのだろう。

景気が悪いとまずは文化予算が削られるとよく言うが、
ならば景気の良い国に移動すれば良いじゃないかという、
恐ろしくシンプルで明快な発想だが、それを実行できる人間は、
なかなかいない。

海外に出てみたい。

何の加工も無い、
今の東京で得た物をぶつけてみたい。
どんな反応が来るのかを純粋に体感してみたい。

海外で個展をするだけならば簡単だ、
スペースを借りて作品を置けば良いのだ。
それなら学生にでもできる。
金があれば良いのだ。

そうではなく、
作品を売却し、完全な黒字の個展を
コンスタントに海外で展開してみたい。

年に2回、1ヶ月程度、
毎年そうした展示をロンドン、
ニューヨーク辺りで、行うに当たって、
具体的にどのような準備が必要なのか。

中国、シンガポールなどはお金とあらゆる人種が、
集結し始めているらしい。



久しぶりにエストネーションで
洋服など見ていたら先日死去した
Alexander McQUEENのPUMAがあった。
遺作という事?と思いつつも、
隣のミハラヤスヒロの銀色のPUMAの方が、
カッコ良かった。

人種の壁を飛び越えてしまうような、
万能な作品を作る感覚というか、
フィッティング能力というのは、
どういうモノなのかな。
まぐれでは継続力が無い。

万能なモチーフ、
世界中、どこにいっても必ずあるもの。
空と空気、月と太陽。

万能な抽象画ってあまり無いな、
出来て100年くらいだからかな。

ヒルズの映画館にせっせと赤絨毯を引いていた、
何かあるのだろうか。

画家業:artist activities comments(0) trackbacks(0)
Masayuki Oofuji Exhibition
PRESS RELEASE


Masayuki Oofuji  Exhibition

-Flowers-



株式会社ホッタ(本社:中央区銀座 社長:堀田峰明)の運営するドイツリング専門店「ヘルディンヘルト」では独創性あふれる風景画や日産自動車CEOカルロス・ゴーン氏の肖像画など数々の作品を手がけるアートディレクター大藤雅幸氏のエキシビジョンを開催いたします。

今回に合わせて制作した春の花をテーマにした新作を多数ご覧いただけます。


■会期

201044日(日)〜 411日(日)

OPEN 11:00CLOSE 20:00 

(土日のみ CLOSE 19:00

※会期中、作者関連商品の販売も行います。


■会場

ドイツリング専門店 ヘルディンヘルト

東京都中央区銀座7-5-4 (銀座並木通り)

URL www.heldin-held.com


■入場無料

オープニング&プレスパーティーを45日(月)19:30より開催いたします。

(完全ご予約制)


■本件についてのお問い合わせ

本展示へのご質問等は、下記のメールアドレスにて受け付けております。

受信後、宝飾事業部の担当者よりご連絡いたします。


info@opus-graphica.jp



画家業:artist activities comments(0) trackbacks(0)
春の個展
インパクトあり過ぎる、
この「ふんどしコンビ」
 

4月4日(日曜)〜4月11日(日曜)まで、
銀座のドイツジュエリー専門店、
「ヘルディンヘルト」で個展をします。

ここは以前、3年前だったか、
デザインのお仕事で参加した店舗で、
既に常設で4点程、作品があるのだが、
昨年末より個展をしてくれと親会社に言われていた為、
個展を開く事に。

自分にムチを打つ意味も込めて、
すべて新作で挑む予定、あくまで予定。

ただ、
そもそもがジュエリーショップなので、
個展をする為の仕様に店内を一部改造する事に。

今回はテストケースではあるものの、
多少、雑誌等への媒体PRもするとの事。

百貨店等で販売している、
ポストカード等々のエージェント経由の作品絡みの
商品を個展中に販売するかは未定。
ともかく、お近くに来られた際は是非。

4月以降も、
レストラン、インテリアショップ等で、
恐らく、11月初旬まで何だかんだと、
どこかで展示や個展をして行く事になりそうなので、
ご興味のある方は是非。


間もなく発売のCDジャケット撮影。

ディレクターは、
撮影前日までは何だかんだとやる事があるが、
当日は意外とやる事が無い。

たまに写真のチェック、
たまにアイディア出し、
あとはお茶飲んでコーヒー飲んでお茶飲んで。。。


でも、
なかなか良いCDになりそうだ。






画家業:artist activities comments(1) trackbacks(0)


| 1/2 | >>